ジョージア首都トビリシ!温泉(ハマム)と博物館を堪能!

ジョージアのハマム 旅の道しるべ

今回のあらすじ

カズベキでのハイキングを終えて首都トビリシへと戻ったAJ

疲れを癒やすために温泉へ向かう

国立博物館

カズベキでの観光を終えて、首都トビリシに戻ってきました。再び、トビリシの様子をお届けします。

ジョージアの首都、トビリシには、もちろんジョージア国立博物館があります。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

旅をするなら、やっぱり各国の博物館にも寄りたいよね

博物館があるエリアは、かなりきれいに整備されていて、土産物屋の立ち並ぶストリートなんかがあったりしますね。

トビリシ:工芸品ストリート

いろいろなエリアがあるのもトビリシの魅力ですね。

ということで、博物館に到着です。

博物館は、自然・文化・歴史を複合的に紹介する施設になっていました。

まずは、自然コーナーから

ジョージア:博物館のヤギ

めっちゃ、ヒゲが立派!!ジョージアには、こんなヤギがいるんですね。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

そういえば、以前パキスタンの下調べをしているときに、世界一かっこいいと思われるヤギを調べましたね。

ジョージアにある巨大魚の剥製

太陽の精
太陽の精

え、何こいつ?

AJ(nobu)
AJ(nobu)

詳細不明。。巨大淡水魚はロマンですね

お次は、文化コーナー

ジョージアの黄金の馬イヤリング

これぞ、この博物館のメインディッシュ!!

ジョージアの秘宝、黄金の馬の耳飾りです。写真だと、サイズ感が伝わりませんが、こんなに大きいのつけたら、耳が痛そうだなと思いました。それにしても精巧な作りです。

ジョージア:博物館のネックレス

これも、おしゃれ。なんなら今でも通用しそうなデザインですね。

そして、歴史コーナー。

実はジョージア、あの方の出身地なのです。

ジョージア:スターリン博物館

真っ赤な旗が立ち並びます。

これは、書斎の再現らしい。

ジョージア:スターリンの書斎

その、ある方とはとこちら!!

スターリン人形

はい、スターリンさんです。

ロシアのイメージが強いですが、実はジョージア出身だったんですね。

まぁ、世界史的には、どちらかというと悪名のほうが高きスターリンさんも、地元ではちゃっかりお人形になったりしているんですねぇ。

トルコ式温泉”ハマム”へGO

僕がジョージア好きな理由の一つに”温泉がある”ことがあげられます。

もともと、日本にいたときは毎週末温泉に行くくらい大好きでした。

たびに出てからは、ずっと温泉ロスです。

トビリシは温泉が有名との噂を聞きつけたので、カズベキでのハイク&野宿の疲れを癒やすために行ってきました。

ジョージアのハマム

こちらが入り口。”BATH”の文字が見えますね。

店舗によって色々あるみたいですが、こちらは、水着着用不要で、大きな浴槽もあるところでした。

久しぶりの風呂桶に大満足です。

お風呂の外側は、こんな感じのドームになっていて、お風呂上がりに涼んだりできますよ。

トビリシ:ハマムの上で涼む人々

おわりに

ということで、トビリシの魅力を別の角度からお届けでした。

次回はいよいよ西へと移動、クタイシという別の街の様子をお届けします。

つづく⇨

もどる⇦

タイトルとURLをコピーしました