【エチミアジン大聖堂】伝説のロンギヌスの槍の実物が見れる【アルメニア】

エチミアジン:聖なるアイテム 旅の道しるべ

今回のあらすじ

伝説のロンギヌスの槍を求めて

AJはエチミアジン大聖堂へと向かう

エチミアジンの街へ!

エチミアジンは、アルメニアの首都からバスで西へ2時間ほどいった街です。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

ガルニ神殿や、ゲガルド修道院とは逆方向になるんだね

アルメニアで最も大きいエチミアジン大聖堂がある、教会都市とのことです。

エチミアジン:結婚式のドローン撮影

周囲には遺跡もあったりします。

ここでも、結婚式の写真撮影してました。

いざ、大聖堂へ

エチミアジン大聖堂の入り口

立派なもんをくぐり、教会の敷地に入ります。中には、いくつもの教会がありました。

新しくオシャレな教会もあるようでした。

エチミアジン大聖堂:新教会

そして、いざ大聖堂へ、と思ったのですが、まさかの

エチミアジン大聖堂:修復中のメイン教会

絶賛、大改修中でした。。。

太陽の精
太陽の精

中国の楽山大仏を思い出すね。あれも、ガッツリ改修中で見れなかったよね。

まぁ、長く旅をしていたら、こんなこともあるよね。残念だけど仕方ありません。また、いつか来ることにしましょう。

エチミアジン大聖堂:天井の装飾

入り口の天井のところだけ、見れました。

いざ、ロンギヌスの槍

さて、気を取り直して、本題のロンギヌスの槍を探します。事前情報にあったとおり、博物館は入り口がかなりわかりづらく、売店のおばさんに聞いて案内してもらいました。

ということで、ここからは博物館コーナーです。

エチミアジン大聖堂:荘厳なアイテム

立派な、杖?笏?的なもの。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

もう、威光が、ピカーーって感じが凄いよね。

神官さま
神官さま

いや、もう少し頑張って伝えて下さいよ

アルメニアの秘宝ノアの方舟

こちらは、なんと、”ノアの箱舟”のかけらだそうです。

確かに”ノアの箱舟”は史実にもとづいていて、その舞台はアルメニアの象徴”アララト山”であるという説は有力視されていますが、う〜ん果たして真実やいかに。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

ロンギヌスの槍のついでにノアの箱舟が見れるとはね。。。

だるま©
だるま©

好きな人には、たまらない博物館だわね

そして、こちらがロンギヌスの槍!!

アルメニアの悲報ロンギヌスの槍

AJ(nobu)
AJ(nobu)

あ、先っぽだけなんだ。

なんてことはない、槍の先っぽですが、やはり目の前にすると、いろいろな妄想が膨らみますね。

ちなみに、しましま模様は、僕のシャツが反射してるだけだと思います。

おわりに

次回は、湖にに佇む教会をご紹介!セヴァン湖に向かいます。

つづく⇨

もどる⇦

タイトルとURLをコピーしました