イラン観光!久々の宇宙スポット訪問!そしてやはり門前払い!

テヘラン:博物館の入口 旅の道しるべ

今回のあらすじ

首都テヘランの観光を続けるAJ

今回は毎度恒例の無駄足回

イランの宇宙開発事情

イランは、あまり知られていませんが、数少ないロケット技術保有国の一つになります。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

その国の独自の力で宇宙ロケットを打ち上げられる国って、世界で10カ国くらいしかないんですよ

そうとなれば行ってみるしかありませんよね。”イラン宇宙開発センター”

ネットに情報も少ないので、とにかくテヘランにある宇宙開発本部へ、ダメ元で向かってみます。

テヘラン:宇宙センター

テヘラン郊外にある、特徴的な建物が、本部になります。

ネットの情報によると、本部に小さな博物館がある様でした、守衛さんに話をしてみると。。。

”すまない、イラン人しか入れないんだ”

AJ(nobu)
AJ(nobu)

まぁ、そうですよね〜

ということで、はるばるやってきましたが、見事に無駄足に終わりました。

インドの悲劇再びだね(笑)

まぁ、インドのときは計4日ぐらいの無駄足だったので、一日ですむ無駄足なら安いものです。

せっかくなので、センターの看板で記念撮影。

テヘランにあるイラン宇宙局の看板

国立博物館 ペルシアの秘宝が沢山

ということで、気を取り直して、国立博物館へと向かいます。

テヘランの博物館とイラン国旗

AJ(nobu)
AJ(nobu)

博物館の建物も立派ですね

こちらは、博物館の入り口です。

レンガの積み重ねが凄まじいですね。

テヘラン:博物館の入口

博物館の展示物

古代のコロコロ・ローラー、ではなくコロコロして粘土に模様をつけるやつ。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

お固い言葉でいうと、円筒印章ですね

それにしても、文字がびっしり描かれています。

楔形文字ですかね。何が書いてあるんでしょうか。

イラン:博物館の転写機

お次は、双頭の牛のオブジェクト。

古代ペルシアの象徴的なモチーフですね。ヨーロッパの双頭の鷲の起源にもなるモチーフですね。

イラン:双頭の牛の柱

イランでは、この他にもいろいろな双頭のオブジェを見ることができます。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

こいつは、なかなかイケメンな牛さんですね。

 

イラン:双頭の牛のオブジェ

そして、ペルシアといえば、こちらのモチーフ!

髭のおじさん。シュメールとかメソポタミアの影響をモロに受けている感じがしますね。

イランにもエラムという古代文明があったのですが、ペルシアによる統一以前の歴史はやはり謎が多いです。

イラン:髭の銅像

他にも、陶器や貴金属もたくさん展示してありました。

国立科学館

続いて、国立科学館へ。

こちらは、博物館と変わって、こじんまりとしています。外国人観光客は相当珍しいのか、係の人がマンツーマンで館内を案内してくれました。

治水施設や天然の送風機構を持つ建築など、イランの遺跡がミニチュアで紹介されていたりします。

展示された天体観測の道具

こちらは、中世のアストロラーベ。天文観測器具ですね。

神官さま
神官さま

ルネサンスより以前は、アラビア世界が科学の最先端を走っていたんですよね。

本当は、前述したイランの国産ロケット”サフィール”の模型でもアレば、と期待していたのですがそちらも空振り。残念。

ただ、おっきい象の宇宙飛行士がいました。

イラン:科学館のオブジェ

AJ(nobu)
AJ(nobu)

めっちゃデカくておもしろかったので、今回はこれで満足しましょう

おわりに

ということで、テヘランの博物館めぐりの模様でした。

次回はテヘランから、”世界の半分”とまで呼ばれれた、イスファハンい移動します。

つづく⇨

もどる⇦

タイトルとURLをコピーしました