【ケルマンシャー】イランでも少し異色なクルドの町

草原から眺めるケルマンシャーの洞窟神殿 旅の道しるべ

今回のあらすじ

シーラーズをあとにしたAJ

一転して北上し西部の町ケルマンシャーに向かう

クルドの町 ケルマンシャ

シーラーズから、再び長距離バスにのって、次の街を目指します。

バスからの眺め。あれはいったい、なんの廃墟だろう・・・

イラン:遠くに見える古城

長距離バスといえば、休憩の合間に食べる、休憩所メシ!

相変わらずキョフテ(肉団子)が入ったトマトスープが人気商品で、よく見かけます。

イラン:キョフテとライスとナン

ケルマンシャーの町

イランで最も西に当たるケルマンシャーは、イラクとの国境がある、イランの中でも少し独特な町になります。クルド人が多く住み、ペルシア語と共にクルド語も広く使われている町です。

イラン:スイーツ屋さん

ターク・イ・ブスタン

ケルマンシャーのランドマークは、町の北部にある”ターク・イ・ブスタン”という遺跡です。遺跡と言っても小さなレリーフが残っているだけですが、周囲の景観と合わせて、とても居心地のいい観光スポットになっています。

草原から眺めるケルマンシャーの洞窟神殿

AJ(nobu)
AJ(nobu)

この芝生でゴロゴロしたなぁ〜

遺跡はなんだか秘密の入り口みたいになっていてかっこいいです。

ちなみにこの遺跡はササン朝ペルシアのもの。ペルセポリスはアケメネス朝の遺跡だったので、これで二大ペルシア帝国の遺跡を見れたことになります。

ケルマンシャーのレリーフ

おわりに

次回はケルマンシャーのもう一つの目玉”ベヒストゥン碑文”についての、旅行記です!

つづく⇨

もどる⇦

タイトルとURLをコピーしました