シルクロードを抜けてカスピ海へ!アクタウ!

アクタウ:岩の浜辺 旅の道しるべ

今回のあらすじ

ウズベキスタンの横断を終えてカザフスタンへ再び入国したAJ

中国からつづくシルクロードの旅のフィナーレをカスピ海で迎える

カスピ海! ご対面!

ウズベキスタンから続くウスチュルト台地をぬけて、カスピ海沿岸のアクタウにやってきました。

中央アジアを東から西に旅をしていると、見かける動物にも変化があって面白いです。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

放牧されてるの動物が馬からラクダに変わっていきました

狛犬
狛犬

野良ラクダかな。

駱駝を見かけると、なんだか”旅してる感”を感じますね。

アクタウの野良ラクダ

とはいえ、アクタウは”中央アジアの優等生”カザフスタンの街なので、お店なんかはウズベキスタンより今風の店舗が多かったりします。久しぶりに、アメリカンなバーガーを食べちゃったりしましたよ。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

たまにちょいと贅沢

だるま©
だるま©

さすが貧乏旅行者ね。ハンバーガーで贅沢とは

アクタウのバーガーショップ

街の中でも、海辺の方に歩いていけば、いよいよ海辺のリゾート感がでてきます。広場には大きな帆船を象ったモニュメントもありました。

アクタウの船のオブジェ

そして、いよいよカスピ海とご対面!

中国の西安から、やく2ヶ月かけて旅をしてきて、ようやくたどりつた海!

アクタウ:岩の浜辺

カスピ海は、いちおう取り決めの上では正式に海に分類されています。

太陽の精
太陽の精

そんな記事も書いたね

AJ(nobu)
AJ(nobu)

なめると、しょっぱかったです!でも、海と比べると薄味な感じがして面白い!

もちろん、海でひと泳ぎしました。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

気持ちよかったなぁ〜。波が結構荒かった記憶があります

結婚式の写真撮影かな?微笑ましい景色も見かけました。

アクタウ:浜辺を歩く新老夫婦

おわりに

次回は、アクタウの様子をもう少し、それとカスピ海を渡る船に乗り込む話を書こうと思います。

つづく⇨

もどる⇦

タイトルとURLをコピーしました