トビリシ観光!街を見下ろすナリカラ要塞へ!!

トビリシ:ナリカラ要塞の崖っぷち 旅の道しるべ

今回のあらすじ

ジョージアの首都トビリシに滞在を続けるAJ

教会の他にもまだまだ見所はたくさんだ

街を見下ろすなりから要塞へ ”ナリカラ要塞”

前回に引き続き、トビリシの様子をお届けします。

今回は、街を見下ろす要塞へ向かいます。ナリカラ要塞は、その起源を4世紀のササン朝ペルシアにまで遡ることのできる、大変に歴史のある要塞です。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

今は、かなり廃城みたいになってるけど、そこが日本人的にはGOODだよね。

トビリシ市街から小一時間、坂道を登ることでかんたんに行くことができますよ。

ロープウェイもあるみたいでした。でも、階段と坂道は大変だけど、いい運動になります。

トビリシ:ナリカラ要塞の入り口

城塞の入り口はこんな感じ。無骨な門が出迎えてくれます。

トビリシ:ナリカラ要塞の城壁

こちらは、お城の城壁。あまり残されている部分は多くありませんが、当時の雰囲気を感じることができます。

登りきった後に、裏側から城塞を見返すと、、、

トビリシ:ナリカラ要塞の夕暮れ

切り立った崖に建てられているのがわかります。

ナリカラ要塞の名前の由来はなんとモンゴル語。ササン朝ペルシア時代に建てられた後、ウマイヤ朝アラビア、モンゴル帝国と支配を受けたこの要塞。モンゴル語で”小さな要塞”を意味するナリン・カラと改名されて、それが今に名を残しているのだと言います。

だるま©
だるま©

まぁ、たしかに小さめの要塞だけど、直球すぎない?

ナリカラ要塞から、トビリシの夜景も楽しめます。

ジョージア:トビリシの夜景

ジョージアの母の像”カルトリス・ディダ”

ナリカラ要塞まで行ったら、少し足を伸ばして、大きな女神像のもとまで行ってみましょう。

こちらは、ジョージアの母の像、通称”カルトリス・ディダ”です。

トビリシ誕生1500年を記念して、1958年に建てられて以降、この街を見下ろしているのだそうです。

トビリシ:母なる像

ナリカラ要塞から地続きで、散策に行くことができますよ。

おおきすぎて、なかなかいい写真が取れません。

トビリシ:母なる像を見上げて

左手には、客人を歓迎するワインのボウルが。

右手には、敵と戦う剣をもっているのだとか。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

剣とワインなら、ワインを頂きたいですね。

おわりに

今回は、ジョージアの首都トビリシを象徴する、ナリカラ要塞と母の像の様子でした。

次回は、トビリシを離れて、北部の山脈地帯の様子です。

つづく⇨

もどる⇦

タイトルとURLをコピーしました