【炎の宗教】ゾロアスター教の総本山・ヤズドを観光!

ゾロアスターの聖なる炎 旅の道しるべ

今回のあらすじ

イスファハンにつづいてヤズドへとやってきたAJ

ゾロアスター教の聖地・そこは土と炎の町だった

ゾロアスター教とイラン

ゾロアスター教、みなさんなめくらいは聴いたことがあると思います。

漢字では、拝火教と書くこの宗教は、古代ペルシアの国教として広まっていた宗教になります。

ヤズドはその中心地として、イスラーム化した今でもなお、ゾロアスター教の文化を色濃く残した町になります。

太陽の精
太陽の精

ゾロアスター教の詳しい解説はこっちの記事も読んでみてね⇩

ということで、さっそくヤズドの町を散策です。

沈黙の塔

青い空と沈黙の塔

ヤズドの郊外にあるこの場所は、”沈黙の塔”と呼ばれる場所です。

ゾロアスター教は、鳥葬の文化がありました。今は、行われていませんが、昔は遺体をこの塔へと運んで、鳥に食べてもらって弔ったのです。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

なんだか、緊張してしまいますね

ヤズド:沈黙の塔内部

絶えることない 聖なる火

お次は、ゾロアスター教の寺院に足を運びます。

ヤズド:ゾロアスター教のレリーフ

何回見ても、マークがかっこいいですね。

寺院にはペルシア帝国時代の2500年以上前から、燃え続けているという炎がありました。

ゾロアスターの聖なる炎

AJ(nobu)
AJ(nobu)

ガラス越しだけど、なんだかすごくパワーを感じたね

寺院には小さな博物館も、併設してありました。

説明はペルシャ語(イラン語)だけでしたが、なんとなく楽しみましょう。

ヤズド:ゾロアスター教の男性服

ヤズド 街歩き

町並みの様子をご紹介。

ヤズド:土造りの街並み

暑いせいか、日中は人影が少ないです。殺風景な土壁と相まって、不思議な雰囲気を醸し出しています。

ヤズド:ゾロアスターの神社入り口

さきほどの、ゾロアスター教の寺院の外観。けっして大きな寺院ではありません。ひっそり、という表現がまさに的確かもしれませんね。

イラン:壺屋さん

なぞの壺屋さん。

暑い地域は、地下に空間がある建築様式も多いですね。

ヤズド:砂の中の町並み

沈黙の塔から見た街並みはこちら。砂煙が町を覆っていますね。

おわりに

次回はいよいよ、ペルセポリスの様子をお届け!

つづく⇨

もどる⇦

タイトルとURLをコピーしました