ラオス滞在!2週間のうち半分寝込んだ話

ラオスの国境を越えるトランクを山ほど積んだバス,Buses with piles of trunks crossing the border of Laos 旅の道しるべ

前回までのあらすじ

滞在日数ギリギリながらもラオスへと渡ったAJ

国境を渡った彼を待っていたのは

ラオスの洗礼だった

ひたすらの悪路

国境を無事に渡ることが出来ましたが、もうすでにこのタイミングで明らかに体調を崩していました。

太陽の精
太陽の精

中国旅で気張りすぎたんかね

最終日の昆明で暑い中を厚着して、重たいバックパック背負って歩き回ってたのも悪手でした。

おまけに空気も悪かったですし。。。

それでも国境までの、中国側の道路は舗装の整った道路だったので、体への負担はそれほど大きくありませんでした。

ラオスへ向かい準備をしている中国発の夜行バス

しかし、そんな道路の状態は、国境を渡った瞬間に一変します。上下左右、おまけに前後の振動まで加わって、体調の優れない僕を圧迫しました。

 

AJ(nobu)
AJ(nobu)

国境渡っただけで、ここまで変わるかと思ったね。

さらなる悲劇が

ラオスの国境を越えるトランクを山ほど積んだバス,Buses with piles of trunks crossing the border of Laos

そんな僕を悲劇が襲います。それまでは横になれる大型バスだったのですが、なんと途中でハイエースに乗り換え。

揺れが激しくなる&横にもなれない。

しかも、バックパックはダイナミックにライドオンスタイル。

雨降ったらどうする気なんだろう。

 

そして、国境から半日もあれば着くだろうと思っていた道のりは、悪路&山道のせいで国境から丸一日かかる始末。目的地のルアンパバーンに到着した頃にはすでに真っ暗。もちろんWi-Fiスポットもありません。安宿を探す気にもなれず、とりあえずその日は手近な宿に泊まりました。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

思えば、ドミじゃなくてワンルームって、ラオスが最初で最後じゃないか?

そして、1週間の体調不良へ

翌日以降、朝一のみ体調はマシだけど昼からぶり返すパターンが1週間ほど続きました。宿は安い宿に変えましたが、ドミに泊まるのは流石に悪い気がして、引き続きワンルームです。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

旅してる間、体調はなんども崩したけど、この時が文句無しで1番ヤバかったね。

 

太陽の精
太陽の精

持ってきたかぜ薬も半分以上この時に使っちゃったね

ようやく復帰した頃には、ラオスの滞在予定期間の半分が経過していました。

ラオスのあっさり面ひたすらあっさり麺で、体を癒やす旅人であった

つづく⇨

もどる⇦

タイトルとURLをコピーしました