トルコ牧場生活その2・結婚式も

ドゥバヤジット:トルコの結婚式:入場 旅の道しるべ

今回のあらすじ

トルコでの牧場生活を続けるAJ

結婚式や観光やイベント盛り沢山

ドゥバヤジットの街を観光

牧場主さんにつれられて、街を散策したこともありました。

ドゥバヤジット:街を散策・雨が多い

山の側の街なので、天気はころころと変わったのを覚えています。

カラフルな傘が並んだおしゃれな通りも。

ドゥバヤジット:街を散策・カラフルな傘

郊外のモスクにも連れて行ってもらいました。

もともとは砦だったみたいで、街を見下ろす感じで建てられています。

ドゥバヤジット:町外れのモスク2

 

トルコの結婚式

結婚式にも連れて行ってもらいました。

初めてのトルコ流結婚式。男性陣と女性陣の街場所がきっちり分かれていたり、2日制だったり、いろいろと日本とは違っていました。

ドゥバヤジット:トルコの結婚式

新郎新婦の入場口はこんな感じ。

難しい挨拶とかは特になく、みんなで輪になって踊るのがメインでした。

新婦さんのドレスもゴージャスですね。

ドゥバヤジット:トルコの結婚式ダンス

もちろん、僕も踊りました。

見るからに、ぎこちないですね。

ドゥバヤジット:トルコの結婚式のダンス2

牧場の仕事は甘くない 牛の妊娠検査

さて、最期に苦労話を。

もちろん、牧場の仕事は、楽なものばかりではありません。

忘れられない思い出となったのが、”牛さんの妊娠検査”を手伝ったお話。

みなさん、知っているでしょうか。どうやって、牛が妊娠したかを調べるか。

それは、超音波(ソナ−)機を使うのですが、、、

ソナーの端子をどこに当てるのかというと、牛のお尻から手を入れて(そりゃあもう肩ぐらいまでズッポリ)、内部からソナーを当てるんです。

もちろん、いちばん大変な、ソナーを当てる仕事は牧場主さんがやってくれて、僕は彼が腕を入れやすいように、牛のしっぽを持ち上げる係。

みんな糞まみれになりながらのお仕事でした。

牧場って大変ですね。。。

ドゥバヤジット:トルコの牧場・牛の妊娠検査が始まる

おわりに

次回は、お世話になった牧場を離れて中部の街、エルズルムへと移ります。

つづく⇨

もどる⇦

タイトルとURLをコピーしました