三色に込められた意味は?ドイツ国旗から紐解く国の魂!

ドイツの国旗 中央ヨーロッパ

こんにちわ。今日もどこかをフラフラと旅しております、AJ (nobu)です。

まめにやっております”旅する前に知っておきたい国旗の意味”シリーズ。今回はドイツ。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

ドイツも三色旗だね。どんな意味があるんだろう

ドイツへの旅行を考えているあなた、この記事をよめば、あなたの旅も深まること間違いなし!

過去の国旗シリーズの記事はこちらから⇨こちら

ドイツ 国旗 意味

ドイツの国旗は、等間隔で水平方向に分割された三色旗であり、上から順に黒・赤・金の三色で構成されている。「黒・赤・金」の意味にはは様々な説がありますが、わかりやすいものだとそれぞれ「名誉自由祖国」を表しているのだとか。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

なるほど、フランスの青は自由、白は平等、赤は友愛を表すと比べるとたしかにドイツっぽくはあるね

フランスの国旗についてはコチラを⇩

ドイツ 国旗 起源

この3色については「色の由来についての定説はない」とされており、いくつか説があるようです。

  • 1813年のナポレオン戦争時にルートヴィヒ・アドルフ・フォン・リュッツォウ率いるリュッツォウ義勇軍の軍服(黒地に赤の襟、金のボタン)だったからという説。
  • リュッツォウ義勇軍の志願兵として参戦したイェーナ大学の学生が1815年6月に結成した「イェーナー・ブルシェンシャフト」の旗印・制服の色に由来すると説。また、それが上のリュッツォウの軍服と一致したからだとする説。
  • 神聖ローマ帝国の紋(金地に赤のくちばしとつめをもった黒い鷲)に由来するとする説。ただ旗章学の立場はこの説について否定的である。

てっきり、神聖ローマ帝国のマークから色も来ているのかと思いましたが、説としては一番薄いらしいです。ローマと双頭の鷲のお話はコチラ⇩

まとめ

今回はドイツの国旗の意味を調査しました。

 

AJ(nobu)
AJ(nobu)

ドイツも有名な国旗だけど、たまに順番がこんがらがるよね

ドイツのようにも見える旧アルメニア旗 

AJ(nobu)
AJ(nobu)

そうそう、これこれ。ってこれ昔のアルメニア国旗やないかーい!

太陽の精
太陽の精

誰がわかるのこのギャグ?

アルメニアの国旗に関する記事はコチラ⇩

ドイツ旅行その前!知って旅行をもっと楽しもう⇨⇨コチラ

タイトルとURLをコピーしました