クアラルンプールの多文化を象徴!バトゥ洞窟を観光!

カラフルな階段と黄金のシヴァ像 旅の道しるべ

前回のあらすじ

クアラルンプールへの滞在を続けるAJ

次なる観光地は近郊のバトゥ洞窟だった。

マレーシアのヒンズー文化

本当にマレーシアは多文化の国だと思う。

ムスリムであるマレー人がいて。経済力のある華僑がいて。さらにはインドからも印僑と呼ばれる人たちがたくさん入ってきている。それが、クアラルンプールだと近代的な大都会に住んでいるのだから。

今回は、その中のインド系の人たちが育んだ文化、ヒンズー教系の観光地に行ってきた話だよ。

ヒンズー教の寺院であるバトゥ洞窟

太陽の精
太陽の精

とってもカラフルだね!インスタ映えるね!

AJ(nobu)
AJ(nobu)

確かに、ヒンズー教の寺院はカラフルだから映えるよね。

他にも、お猿さんが居たり。

カラフルな階段を登る親子の猿

お猿の神様が居たり。

緑色のハヌマーン像

太陽の精
太陽の精

これは、ハヌマーン神だね。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

緑にするあたり、日本人にはないセンスだよね

バトゥ洞窟の奥には。。。

大穴の上部から光が降り注ぐ様子

階段を登ると、大自然が待っています。

多文化なだけではなく、自然とも融合しおります。

ヒンズー教を祀るバトゥ洞窟の寺院

クアラルンプール観光の際は、ぜひ訪れてみてください。

つづく⇨

もどる⇦

 

タイトルとURLをコピーしました