異国情緒豊かなミャンマー!最大都市ヤンゴン!

ヤンゴンの美味しい麺料理 旅の道しるべ
これが、めちゃんこウマイ

前回までのあらすじ

タイからミャンマーへと陸路での国境越えを果たしたAJ

未知なる国、ミャンマーで彼を待ち受けていたものとは。。

ミャンマーは異国情緒満点

国境からバスを乗り継ぎ、ミャンマー最大の都市ヤンゴンへと移動します。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

バス移動は基本。

だるま ちゃん
だるま ちゃん

どこでも寝れる体質でよかったね。

ミャンマーは凸凹道が多いから、寝れない人も多いみたい

ヤンゴンの町並み

太陽の精
太陽の精

なかなか雰囲気のある町並みだね

 

AJ(nobu)
AJ(nobu)

この異国情緒がミャンマーの魅力だよね

ミャンマーは、街を歩いていても半分くらいの人は民族衣装を着ています。

特に男性が来ているロンジーは、ミャンマーでは正装として扱われるため、未だに多くの男性が民族衣装を着て都会を歩いています。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

ミャンマーの景色、10年後はどうなっているかわかりません。

この”今しか味わえないかもしれない感”が、旅人にはたまらないのです。

これが、めちゃんこウマイ

だるま ちゃん
だるま ちゃん

ヤンゴンでは、宿にも恵まれたね。

誕生日パーティーまで、してくれたんだよね。

 

AJ(nobu)
AJ(nobu)

いい宿、いい人に巡り会えたかどうかで、その国の印象まで決まっちゃうよね。

しかも、宿の隣の店にあったこの麺屋が、おいしくてホントにハマっちゃった。

毎日食べてたね。

ヤンゴン観光も

もちろん、観光地としてもヤンゴンは楽しめます。

街の中心には、建国の父アウンサン将軍の廟、それにミャンマー最大の仏塔(パゴダ)である、シェダゴンパゴダがあります。

だるま ちゃん
だるま ちゃん

みなさんも、ぜひミャンマーに起こしあれ〜

つづく⇨

もどる⇦

タイトルとURLをコピーしました