異国情緒豊かなミャンマー!最大都市ヤンゴンを観光!

ヤンゴンの美味しい麺料理 旅の道しるべ

前回までのあらすじ

タイからミャンマーへと陸路での国境越えを果たしたAJ

未知なる国、ミャンマーで彼を待ち受けていたものとは。。

ミャンマーは異国情緒満点

国境からバスを乗り継ぎ、ミャンマー最大の都市ヤンゴンへと移動します。

タイ側の街メーソートから徒歩で国境を渡るとミャワディという街です。街をウロウロしていると最大都市のヤンゴン行きのバスの看板を発見。ついでにタイバーツを両替します。もともとそんなに大金を持ち歩いてるわけではないので、両替率とかはあまり気にしませんね。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

バス移動は基本。

だるま ちゃん
だるま ちゃん

どこでも寝れる体質でよかったね。

ミャンマーは凸凹道が多いから、寝れない人も多いみたい

ということで、ミャワディから再びバスでほぼ一日。

ミャンマー最愛の都市、ヤンゴンに登場します。

ヤンゴンの様子

ヤンゴンの町並み

太陽の精
太陽の精

なかなか雰囲気のある町並みだね

AJ(nobu)
AJ(nobu)

この異国情緒がミャンマーの魅力だよね

ミャンマーは、街を歩いていても半分くらいの人は民族衣装を着ています。

特に男性が来ているロンジーは、ミャンマーでは正装として扱われるため、未だに多くの男性が民族衣装を着て都会を歩いています。

ヤンゴンの昼下がり

AJ(nobu)
AJ(nobu)

ミャンマーの景色、10年後はどうなっているかわかりません。

この”今しか味わえないかもしれない感”が、旅人にはたまらないのです。

この雑多な感じ、たまりませんね。途上国に特有のエネルギッシュな感じがたまりませんね。

ヤンゴンの町並み

ヤンゴンの宿

ヤンゴンではとてもいい安宿に巡り会えました。

木製の椅子とテーブルが置かれた屋上テラス

だるま ちゃん
だるま ちゃん

誕生日パーティーまで、してくれたんだよね。

いい宿、いい人に巡り会えたかどうかで、その国の印象まで決まっちゃうときもあります。そういった意味でも、僕にとってミャンマーは、とてもお気に入りの国だったりします。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

しかも、宿の隣の店にあったこの麺屋が、おいしくてホントにハマっちゃった。毎日食べてました。

ヤンゴンの美味しい麺料理

世界各国、美味しいものは多いけれど、あっさりで美味しいものって、意外と少ないんですよね。ミャンマー料理も基本的に濃い味&こってり、なんですけど、ここの麺は具も豊富であっさりでとても美味でした。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

岐阜タンメンを思い出す味でしたね

玉こんにゃくに、刻んだニンニクが入ってるのも面白かったです。

ヤンゴン観光も

もちろん、観光地としてもヤンゴンは楽しめます。

街の中心には、建国の父アウンサン将軍の廟、それにミャンマー最大の仏塔(パゴダ)である、シェダゴンパゴダがあります。

ヤンゴンのアウンサン廟

アウンサン将軍の肖像はいろんなところに飾られていて、とっても敬われている様子でした。まさに国を作った、国父ですからね。

アウンサン廟には大きな赤い星のモニュメントがありました。

太陽の精
太陽の精

ミャンマーの国旗にも星が描かれているね。

ミャンマー国旗の意味や由来に迫る、国旗シリーズの記事はコチラから⇩

シュエダゴン・パゴダ

近くで見ると、シュエダゴン・パゴダはかなりの大きさです。

メインのパゴダの周囲にいくつものパゴダが並んでいて、多くのミャンマー国民が、様々な場所で参拝をしています。一つ一つの仏閣に意味があるそうです。また、方角もミャンマー仏教では重要な要素になります。

金色と緑色のシェダゴンパゴダ内の寺院

オススメは昼過ぎに行って、夕方から夜にかけてシュエダゴン・パゴダで、のんびりぼ〜っとすることです。きれいな景色を堪能することも出来ますし、英語を勉強中のお坊さんが話しかけてきてくれたりもしますよ。

だるま ちゃん
だるま ちゃん

みなさんも、ぜひミャンマーに起こしあれ〜

つづく⇨

もどる⇦

タイトルとURLをコピーしました