ルネット!!旅人が学ぶべき西洋建築のこと!ドアの上の半円って何?

トリオラ:魔女の絵のルネット・ドア 中央ヨーロッパ

こんにちは、今日もどこかを旅しおります管理人こと旅人AJ

シリーズ:旅人も建築知っておけば旅がもっと面白くなる!

今回も、旅人がい分の勉強がてらに記事を書きます。

旅で訪れる観光地なんて”自然”か”建物”かの二択です(暴論)

建築の知識が少しあるだけで、旅の半分がより深くなると言えるでしょう!

神官さま
神官さま

建築の知識があると、建物や遺跡に行った時に、より楽しめるかもしれないね

今回はルネットです。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

る、ルネット?なにそれ

言葉として聞いたことはなくても、みなさん必ず見たことがある建築ですよ

ヨーロッパへ旅する予定のみなさんも、建築の基礎を身につけておいて、旅をより楽しみましょう!

ルネット 特徴

画像:ルネット

ルネットは、玄関などの扉の上にある半円型の部分のことです。日本語だと扇窓っていうみたいです。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

あぁ、前から気になっていたけど、名前があったんだ

西洋の建物はアーチが多いので、出入り口にはどうしてもルネットができてしまうんですね。

だるま©
だるま©

ちなみにルネットはフランス語で”小さな三日月”という意味なんだそうよ

ガラスで窓にしてあるもの以外にも、ガッツリ装飾が施されているものもありますよ。

画像:ルネット・ティンバヌム

こういう装飾が施されたものはティンパヌムと言うらしいです。これもフランス語由来の言葉だとか。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

アーチは昔からあったはずなのに、このへんの用語がフランス語由来なのはなんでなんだろう。ちょっと気になる

アーキヴォールト

ちなみに、アーチとアーチの間の、かまぼこ型の面の部分をヴォールトと言うらしいです。

太陽の精
太陽の精

日本語では穹窿(きゅうりゅう)。なんか字面がカッコいい

こちらは僕がジェノバで入った教会です。この写真でいうと、左の部分は筒という意味のバレルヴォールト、真ん中の部分はクロスヴォールトと言うそうです。

ジェノバ:教会の天井

さらに、これに由来して、ティンパヌムの縁にある装飾をアーキボルトというそうです。

画像:ルネット・アーキボルト

AJ(nobu)
AJ(nobu)

いや〜、アーキボルトの芸が細かいですね〜

太陽の精
太陽の精

とりあえず言いたいだけのやつ!

旅で見てきたルネットたち

と、長々と説明しといてアレなのですが、習うより慣れろ、だと思うので見ていきましょう。

イスタンブール:大通りにある教会

これはトルコにあったキリスト教会。ルネットに宗教画が描いてありますね。

ジェノバ:大きくて小さな扉

こちらはイタリアのジェノバから。ルネットになにか文字が書いてある。看板代わりでしょうか。

トリオラ:魔女の絵のルネット・ドア

最後はイタリアの魔女の村トリオラ。納得のかわいい魔女イラストです。

おわりに

ということで、今回は、西洋の建物にあるルネットについて学びました。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

イスラム建築で言うところのイーワーンみたいなものだよね。

やっぱり、どの地域の建築も入り口にはこだわりをみせてしまうのは、人の性なのかもしれませんね。

ヨーロッパを旅される方は、せっかくなので入り口を入る前に、その上にある三日月に注目してみてはいかがでしょうか。

それではまた次回

遺跡や建築物関係の記事はこちらから⇨⇨コチラ

中央ヨーロッパ関連の記事はこちらから⇨⇨コチラ

タイトルとURLをコピーしました