旧市街の中と外で大違い!ヒヴァの様子をレポ。

夕暮れとライトアップのイスラム建築 旅の道しるべ

今回のあらすじ

ブハラから更に西へと移動したAJ

次なる古都ヒヴァへとたどり着く

ヒヴァ 旧市街

前回のブハラに続き、こちらも歴史ある街ヒヴァ。16世紀から20世紀にかけて存在したヒヴァハン国の首都であり、”聖都”とも言われる宗教的にも重要な街です。

ヒヴァの城壁内は、イチャン・カラと呼ばれ旧市街一体が世界遺産になっています。様々な建物が、広い敷地内に点在しているので、ぶらぶら歩いて散歩するのが良いでしょう。

ヒヴァの町並み

旧市街内は、当時の建物そのままに、居抜きで改装されたレストランやお土産屋さんがあったりして、なんだか、ディズニーランドのアラビアコーナーがとっても大きくなったような印象を受けます。

ヒヴァのレストラン

オススメは、カリタミノルというミナレット。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

なんだか日本人の名前みたいですね。

太く見えるのは、実は建設中止になってしまったから。本当は、もっと高くそびえる予定だったそうですが、当時の王様(ハーン)が死んでしまったので、こんな感じになったそうです。ライトアップするととってもキレイでした。

ヒヴァの太いミナレット

ちなみに、旧市街の外側は、サマルカンド⇨ブハラ⇨ヒヴァとどんどん田舎になっていきます。舗装されてない土道もちょこちょこ見られます。

ヒヴァの道路

ウズベキスタン お土産

では、ここでウズベキスタンでよく見かけるお土産たちをご紹介。

意外と、多いのがチェス。駒がアラビックな感じで可愛らしいです。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

でも、みんながやってるのはバックギャモンのほうが多いよね。

太陽の精
太陽の精

バックギャモンのルールもウズベキスタンで覚えたねー

ウズベキスタン:ターバンをしたチェス盤

おつぎは、美しいカリグラフィー。字で絵を描くって面白いですよね。重くないし、お土産には最適かもしれません。

ウズベキスタンのカリグラフィー

最後は、旧ソ連グッズ。カザフスタンにも売ってましたが、ウズベキスタンにも沢山売っていました。色んなバッヂが取り揃えてありますよ。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

宇宙好きにはたまりません。

ウズベキスタン:ピンバッジを選ぶ

次回はモイナク

ウズベキスタンの旅も、そろそろ佳境。

次回は”船の墓場”があるという、モイナクの様子をお届けします。

つづく⇨

もどる⇦

タイトルとURLをコピーしました