こんな万里の長城でもいいじゃない。敦煌!

敦煌:陽関からの眺め 旅の道しるべ

前回までのあらすじ

引き続き敦煌観光を続けるAJ

沙漠、仏窟につづき万里の長城へと向かう

これでも万里の長城なのよ

今回の世界一周では北京をSKIPしてしまいました。中国といえば、万里の長城、といった感じもあるので、やはり少しだけ心残りです。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

どうせ世界の全部には行けないから、割り切ってはいるけどね

しかし、こんな西の果てにも万里の長城はあったのです。

そんな西の果てにある万里の長城がこちら

これでも万里の長城

狛犬
狛犬

よかったね。万里の長城も見れて!

AJ(nobu)
AJ(nobu)

う〜ん、万里の長城感はあまりないかな。それでも万里の長城には違いないから、まぁ良しとするか

ここより西域

そしてここが、西の果て。

かつては、ここに関所があって、ここより西は異国の地。一度出ると、二度と戻ってこれないとも言われたそうです。

敦煌:陽関からの眺め:西域

敦煌の守り神 鎮墓獣

敦煌編、最後は博物館。

このあたりには鎮墓獣という、たいそういかした陶像がよく出るようです。

現地で初めて知りましたが、その名の通りお墓の守り神として一緒に埋葬するんだそうです。

墓を守る獣の像

かっこいい!

次回は吐魯番

次回は、敦煌から更に西。吐魯番の様子です。読み方はトルファン。

本格的に異国情緒が満載になってきますよ。

つづく⇨

もどる⇦

タイトルとURLをコピーしました