ハンガリー国旗の意味は?緑の謎と傾いた十字!国旗から紐解く国の魂

ハンガリーの国旗 中央ヨーロッパ

不定期でやっている国旗豆知識シリーズです。今回はハンガリー

 

神官さま
神官さま

その前に言うことあるよね

AJ(nobu)
AJ(nobu)

実は、ハンガリー。ガッツリ予習したのに結局行けなかったのです(涙

ちょうどクリスマスシーズンと重なってしまい、知り合いにクリスマスシーズンのホームステイに誘われたりして、バタバタして結局行けずに終わってしまいました。まぁ、ハンガリーは逃げないので、気が向いたら、いつか訪ねます。

それは、それとして。せっかく調べた知識をムダにすることはないので、行ってはないのにハンガリーの記事を書いちゃいます。

ハンガリーへの旅行を考えているあなた、この記事をよめば、あなたの旅も深まること間違いなし!

過去のシリーズもぜひタグ検索からご覧くださいね!

ハンガリー国旗 短すぎるぞウィキペディア

三色旗であり、現在の旗は1956年から用いられている。13世紀ごろから赤白の二色旗を用い始めたが、いつから緑が加わったのかは不明。

赤は血、白は純潔、緑は希望を表す。

狛犬
狛犬

以上!!

なんと、あっさりしたウィキペディアでしょうか。ここまであっさりした記事も久しぶりです。

さて、緑がいつから加わったか不明、ということですが、次に各年代のハンガリー国旗を見ていただきましょう。

①11世紀-1301年までの旗

11cから14cのハンガリー旗

 ②15世紀の旗

15cのハンガリー国旗

③オーストリア=ハンガリー帝国時代の国旗

オーストリア=ハンガリー帝国の国旗 

AJ(nobu)
AJ(nobu)

いや、ぜったい15cからじゃん、緑が加わったの!

もともとは十字架が刺してあった丘の色だったんですかね?まぁ、ウィキペディア先生が謎というのであれば、謎ということにしておきましょう。

オーストリアの国章 傾いた十字

先程、ハンガリーの昔の国旗を見ていただきましたが、みなさん、なにか妙なことに気が付きませんでしたか?

だるま©
だるま©

気がついてない人は、オーストリア=ハンガリー帝国時代の国旗をもう一度ご覧ください。

旅人も気がついて、思わず声が出てしまいました。なんと、ハンガリー側のマークの王冠についてる十字架が傾いています

最初は

AJ(nobu)
AJ(nobu)

ハンガリーくんいじめられていたんかな?

とも、思いましたが、調べてみると意外なことを知ることが出来ました。こちらが、現在も使われているハンガリーの国章になります。

ハンガリーの国章

AJ(nobu)
AJ(nobu)

まだ、曲がってる!

ハンガリーの国宝 聖イシュトヴァーンの王冠

それでは、傾いた十字の解説を。

じつは、ハンガリーには大変大切にされている国宝があるのです。

その名も”聖イシュトヴァーンの王冠”

イシュトヴァーン1世は、ハンガリー王国を成立させたとされる初代の王様の名前です。聖がついているので分かる通り、その後、キリスト教内で聖人として列聖された人物になり、王冠はときのローマ教皇より授けられたものとされています。(ちなみにバチカン側にはその資料がないらしいです)

だるま©
だるま©

まぁ、諸説あるってことね

その後ハンガリーでは面白いことに、14世紀頃から、王家の権力は単純に君主に象徴されるものではなく、この冠が権力の象徴としての役割を持つようになりました。言い換えれば、ハンガリー王国は王を飾る王冠を求めるのではなく、王冠に合う王を求めるようになったらしいです。

 

AJ(nobu)
AJ(nobu)

なるほど、王冠に似合う王様になれよ!的な。

そういう文化の流れでこの王冠はハンガリーの大切な国宝になっていったんだね。日本にも三種の神器とかあるけど、それに近い感覚なのかな?

そんな、王冠の写真がこちら

聖イシュトヴァーンの王冠

お解りでしょうか、王冠の十字架が曲がっているのです。これは、17世紀に誰かが落としたとか、蓋閉めを失敗したとか、あって曲がってしまったらしいです。

 

だるま©
だるま©

そんなことってあり?っていうか直さないんだ。

太陽の精
太陽の精

恐れ多くて直せないのかもね

 

AJ(nobu)
AJ(nobu)

日本でも草薙の剣を打ち直せって言われたら、恐れ多くてそう簡単には出来ないだろうからね

と、言うことでハンガリーは王冠の修理を行わず、むしろ国のマークを実物に合わせる感じで、十字を傾けたんだそうな。もちろん、これも諸説あるらしいですが。

終わりに

なんだか、国旗からだいぶ脱線してしまいましたが、思った以上にハンガリーという国がわかったような気がしました。

 

AJ(nobu)
AJ(nobu)

まぁ、行ってないんですけど

それでは最後にもう一度、ハンガリーの国旗をどうぞ。

ハンガリーの国旗

国旗関連の記事はこちらから

タイトルとURLをコピーしました