オレンジの街に、オレンジ夕日!チェコのプラハ滞在記

チェコ:広場の天文時計 旅の道しるべ

今回のあらすじ

ウィーンの街を堪能したAJ

チェコはプラハへと移動するのだった

プラハ 到着

ということでプラハにやってきました。

実は、日本を出たときから、ヨーロッパの中ではかなり優先度高めで行きたかった街でした。

プラハ∶カレル橋とカップル

チェコも滞在はプラハだけになってしまいましたが、この石畳の旧市街を楽しめただけで満足度はかなり高かったです。

タイムスリップしたみたいで、歩いてるだけで楽しい街でした。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

そして、物価が思ったより安い!(2019)

旅人にはありがたい国です。

チェコ:クリスマスのマーケット

プラハももれなくクリスマスムードまっただ中でした。

プラハ名物 天文時計!

プラハの旧市街の名物は時計台!プラハの天文時計と呼ばれています。

しかけ時計になっていて、時間になると動きますよ。

一番古いパーツは文字盤で、1410年製だとか。

チェコ:広場の天文時計

夜の姿もかっこいいです。

プラハのクリスマスマーケット

クリスマスツリーの方にも行ってみましょう。

プラハでもホットワイン!

AJ(nobu)
AJ(nobu)

お酒弱いけど、みんな楽しそうなのでやっぱり飲んじゃいます。

チェコのクリスマスマーケット

夕暮れ時のプラハ 街ぶら

プラハは夕方がとってもきれいな街でした。

もう一つのシンボルは街を流れるモルダウ川。現地ではヴルタヴァ川と呼ばれています。

奥に見えるのは、こちらもプラハのシンボル、モルダウ川にかかるカレル橋です。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

中学生だか小学生の合唱で歌ったから、モルダウってなぜかすっごい覚えてるんですよね

プラハ∶カレル橋と夕日

カレル橋には彫刻がたくさん並んでいます。

ストリートアーティストやミュージシャンもたくさんでした。

プラハ∶カレル橋の聖者の像

お次は、プラハ城からの旧市街の眺め!

オレンジ屋根で統一されていて、非常に美しいです。

プラハ∶オレンジ屋根の町並み

AJ(nobu)
AJ(nobu)

そして、夕日と合わさると、もっと綺麗に!

プラハ∶オレンジ屋根の町並み2

チェコのお土産

旅の荷物になるから買わなかったですけど、プラハには名物がたくさんです。

マリオネット人形もチェコの伝統品です。

チェコのピノキオ人形

これはピノキオさんですね。お次は天使のマリオネット。

チェコ:人形のお店

下の方にいる真っ黒なモグラは、チェコを代表するキャラクターなんですよ。

お次は、こちら。

こちらはボヘミアングラスでしょうか。

これもチェコ周辺、ボヘミア地域の名産品です。

チェコ:お土産屋さんのボヘミアンガラス

名物はほかにも!

チェコ名物のお菓子トゥルデルニーク!

実はこのお菓子は、スロバキアのほうが歴史が長いそうですが、チェコ名物として定着しています。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

なんだか岐阜名物や三重名物が、名古屋飯として吸収されているのに似てますね

チェコ:お菓子ととうもろこし

でも、これなら荷物にならないので、旅人でも楽しめます。

チェコ:名物のコルネを食べる

おわりに

チェコを楽しんだ後はドイツ滞在、そしてクリスマス本番です。

つづく⇨

もどる⇦

タイトルとURLをコピーしました