太陽?いいえテントです。キルギス国旗から紐解く国の魂!

キルギスの国旗 中央アジア

こんにちわ。今日もどこかをフラフラと旅しております、AJ (nobu)です。

まめにやっております”旅する前に知っておきたい国旗の意味”シリーズ。今回はキルギス。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

実は、調べる前からデザインの由来は知っていました。とっても魅力的なデザインになっているんですよ

 

 

キルギスへの旅行を考えているあなた、この記事をよめば、あなたの旅も深まること間違いなし!

過去の国旗シリーズの記事はこちらから⇨こちら

キルギス 国旗 意味

キルギスの国旗は、赤地に黄色の太陽を描いた旗になります。太陽は40本の光を放っていて、内部には円形のシンボルが描かれています。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

日本と一緒!太陽がモチーフなんだね

太陽の精
太陽の精

なんだか親近感が湧くよね

現在の国旗は、1992年に制定されました。それ以前はソビエト系の真っ赤な旗だったそうです。

赤地は勇敢さと勇気を、太陽は平和と豊かさを象徴するそうです。

キルギス国旗の中のテント

太陽の中に描かれた、2組の3本線を交差させたシンボルは、キルギス人など遊牧民の伝統的なテント(ユルト)の頂部にある構造で、トゥンドゥク(キルギス語: түндүк)と呼ばれるものをを表したものになります。

 

AJ(nobu)
AJ(nobu)

祖国や宇宙を象徴するそうですよ。

太陽の精
太陽の精

キルギスにはこのトゥンドゥクをモチーフにしたデザインがたくさんあるから、探してみてね

トゥンドゥクは、住居の要となる部分であり、親から子へと受け継がれていくもので、とても重要視されています。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

実際に僕が訪れたユルタの天井も、ほらこの通り

キルギスのユルタの天井

まとめ

今回はキルギスの国旗の意味を調査しました。

AJ(nobu)
AJ(nobu)

太陽とテント、国のシンボルふたつをかけ合わせた素晴らしい国旗だね

太陽の精
太陽の精

太陽の国旗同士、キルギスと仲良くしてね

キルギスの国旗

キルギス旅行その前!知って旅行をもっと楽しもう⇨⇨コチラ

タイトルとURLをコピーしました